昭和33~34年初版発行

52年前、東京タワーが完成した年の発行である。 このころ戦後の影と高度成長期への昇り口とが重なった時期であったと思う。 その数年後、銀座、築地、日本橋からそう遠くない中央区湊に住んでいた私は、近所の空き地でドッジボールをしたり駄菓子屋で買い食いをしたり、佃島、小田原町、明石町など遊び場とし、プロ野球への無関心を除けば、平均的小学生であった。

そういう訳で、こういった全集とは縁のない生活であった。 現在の私は、「西遊記」や「ユリシーズ」などが含まれていれば、興味ありなのであるが、残念ながら丸富堂の在庫では、第1巻の「西遊記」は無いし、ジョイスはこの全集に含まれて居ない。 

第23巻「シャーロク・ホウムズ/怪盗アルセーヌ・ルパン」など題名からして現在と異なる。 第33巻「阿Q正伝」は、竹内好氏ではなく増田渉氏の翻訳である。 私は魯迅作品を竹内好訳でしか読んだことがないので、新鮮かもしれない。

第40巻「西鶴名作集/近松名作集」は翻訳ではないが、編者により違いがあるのであろうか。

「クウォーウァーディス」、「エジプト人」など理科系人間は聞いたことがないが、こういった作品に出会えるのも全集のいいところである。 当時の編集者が「これを読め!」と言っているのである。

50年を経て、かなり痛んでいるが、一部を除き読むのに支障があるわけでは無い。 翻訳物は、その後の翻訳(最新の翻訳で、「読みやすくなった」「現代によみがえった」と言われるものなど)と読み比べるのも面白いであろう。 「ユリシーズ」が含まれていればと思うのだが、猥褻との批判や出版禁止騒動があって、一般向けの全集には含まれなかったのも当然かもしれない。

在庫は全巻揃ってはいないが、丸富堂をご利用いただければ幸いである。

お金コンサルタントのはいはいQさんで知られる邱永漢氏が半世紀前に中央公論に連載した「西遊記」で、20年後1977年に文庫本化されました。

文庫版の前書きで、「連載中には学者先生から、『折角原典を読み下せるのに原典からの逸脱が多くて残念である』との批評を頂いたが、原典の「西遊記」は退屈な物語であり、原典に忠実な訳では娯楽誌へ連載できない。学者先生も原典を読んでいないらしい」といった趣旨を述べている。
原典に忠実な訳では退屈で読むのが苦痛であるかどうかは、原典版をこれから読んでみたいと思っている私には判断できないが、邱永漢版の「西遊記」はグングン読めた。

三蔵法師、孫悟空、猪八戒、沙悟浄のそれぞれの性格は、我々のよく知っている通りであり、中野著「西遊記ワンダーランド」にもある通りに、表面的な性格のみならず錬金術や風水なども総動員した原典による性格付けそのものであろう。しかし、そこはお金の邱さんであり、登場人物・妖怪も経済通であったり商人であったりという色づけがされている。
三蔵におべっかを使い、孫悟空と衝突する猪八戒は、損得で動き、或るときは経済論を展開する。また官僚に化けた妖怪に乗っ取られた国では観光収入が増えたり、天竺国への仏典訴求の旅は、旅行コーディネータの釈迦による天竺国ツアーの宣伝であるという。
また、挿絵が影絵であるにも関わらず、生き生きとしており、一点一点が楽しめる。

全八巻。

「円朝ざんまい」森まゆみ著

三遊亭円朝の作品に縁の地を歩きながら、作品と円朝の人となり、当時の社会情勢を紹介する、軽 円朝ざんまい.jpgめの紀行文です。

著者森氏が高校生のころ幽霊の掛け軸を見たことがあるという全生庵は、私自身、二十数年前に、円朝忌で公開されていた幽霊の掛け軸を見、円朝の墓を訪れたこともあり、親しみを感じて読みました。

円朝作の人情噺の舞台となった土地を歩き、円朝の口調を味わうという趣向が楽しいんです。 旅の相棒で通称「ポン太」(全生庵の円朝の墓近くに葬られた、円朝の弟子の名だそうです)がカワイク、旅に華を添えています。

「牡丹燈籠」や「真景塁ケ淵」など六代目圓生で聞き馴染んだ噺ですが、やはり明治の人の口調は違うということを感じます。 (亡くなって30年近いとは言え)現代人六代目圓生の言葉と円朝に染み付いていた江戸の言葉(?)とは当然違います。 土地の歴史と円朝の足跡とを追いながら、史実と創作、そして円朝の口調を適当に織り交ぜて、著者とポン太は噺の舞台を訪ねます。

歌人は歌枕を訪ねますが、落語家はあまり、その舞台を訪れないらしいですが・・・

落語愛好家は舞台となった土地を歩きますね。 古今亭志ん生の「黄金餅」では下谷山崎町(上野のバイク街裏手付近)から麻布絶口釜無村(麻布十番付近)までの道筋が言い立てれるので、自分の足で歩いてみたいと思っているんですが、まあ、自転車ぐらいがいいとこですねぇ。

中野美代子著「西遊記 トリック・ワードル探訪」

「西遊記」は子供向け物語やアニメでは、だれでもよく知っている物語です。

中国四大奇書のひとつと言われ、道教の坊さんが妖怪の手下であるかのような描写から仏教宣伝 西遊記 トリック・ワードル探訪.jpg物語であるとも言われます。

しかしながら、中野美代子著「西遊記 トリック・ワードル探訪」は、著者や物語の成立動機など従来の説の異議を唱えます。

また、物語の論理性--動物・虫が無秩序に妖怪化するのではなく、妖怪の出自により階層化するといった妖怪の持つ属性や、修行僧であり男である三蔵の属性など論理的整合性--、ストーリ進行の対称性、類似テーマを繰り返す際の手際のよさなど、物語が明確な設計図または構成者の存在を示唆します。

天竺国までの距離、旅の日数、一見不合理な設定(なぜキント雲にのって一気に天竺へ行かないのか、帰りは雲に乗って帰るのに!)の論理性など、三蔵法師がいきあたりばったりに妖怪に追い回される話ではない、一度きっちりと読んでみたいと感じられました。

西遊記の全訳は、中野美代子訳で岩波文庫に10巻組があります。

新品では¥9000-ですからねぇ。経済状態がゆるせば欲しいと思っています。

weblog_アンティキテラ古代ギリシャのコンピュータ.jpg「アンティキテラ 古代ギリシャのコンピュータ」ジョー・マーチャント[著]/木村博江[訳]

アンティキテラ島の入り江で発見された沈没船の積荷であった大理石やブロンズの像と共に引揚げられた謎の物体の物語です。

謎の物体が何であるか、または現在までに、どのような解釈がされているかは、これから本書を読む方のお楽しみとしましょう。

この本を手にとって、口絵写真からパラパラとめくったとき、「これは読まねば」と引き止めたのが、口絵写真の次のページにあった、A.C.クラークの言葉、

「二千年以上まえの物と推定されるアンティキテラの機械。そこに使われているテクノロジーは十八世紀以降のものとしか考えられない水準である。---後略--」

でした。 A.C.クラークファンとしては、彼のことばが一言でもあれば読まねばなりません。

1900年の発見から、2006年の一応の総括までの106年間の探求の物語です。「アンティキテラってなにさ」という、A.C.クラーク同様に「わくわく」しながら読み始めるが、なかなかアンテキィテラは登場しません。19世紀のギリシャの海綿採りからはじまり、前半はアンティキテラの発見までが語られ、後半になって「アンティキテラの機械」とその虜になった3人研究者と1チームについて、それぞれの時代のそれぞれの研究成果が紹介されます。

前半の沈没船や積荷の積出港・目的地の推理、発見品が収納された博物館の対応、潜水技術の発達、ジャン・クストーもアンティキテラに興味を持ったこと、などそれぞれの方面で興味深いことではありますが、「アンティキテラはまだかいな」と、読み進めねばなりません。

後半では、目視で表面を観察することしか方法が無かった時代、X線で透視できるようになった時代、CTスキャナで立体的に内部を解析が可能になった時代、の成果が順番に明らかにされていきます。

しかし、理解は難しい。 天文学に狙いをつけた研究者が捏ね繰り回す数字は、私の人生には一切関わりの無かったものばかりです。

使用されているギヤの枚数を天文学上の数字--たとえば、1年は365.25日なので葉車の歯数にする場合、0.25があらわせない。そこで4年を1周期として14608を使用する、の様な変換(太陰暦の古代ではもっと複雑なようです)、月の運行を数字で表したり--から解釈するところなど、一所懸命読まねば、理解できません。私はチョット理解できませんでした。

機械に詳しい研究者は、差動ギヤの構造を、古代遺物の透視映像に発見しますが、「説明がわからん」と言いたい。 もちろん差動ギヤは自動車に使われている位は知っていますが、自動車の場合は、駆動軸が1つで、2つの軸に動力を伝えるものです(よね?)。 アンティキテラでは逆に、駆動軸が2つで1つの軸に動力を伝えるようですが、言葉だけではわからん!

やはり考古学も、広い知識と閃きがないといけませんね。 A.C.クラーク氏同様に「アンティキテラの機械」に興味を感じますが、「もっと歯車を」(研究者たちの合言葉)と同時に「もっと判りやすい解説を」と言いたい。

豆本ガチャポン_R0011057.JPG本日、神保町までサイクリングしてきました。

某書店で古典芸能の書架を物色していたところ、壁越しの背後にある階段に人の気配を感じた途端に、ギリギリギリー、カシャンと言う音!

しばらくすると、女性二人が話しながら、階段を上ってきた気配、するとまた、ギリギリギリー、カシャンと!

いったいなんだ、非常識な音は!?と壁を回りこんで階段までいくと、ガチャポンの販売機が1台あるではないですか。

正体は豆本(正しくは「豆の本」)販売機だったんですねぇ。 静かなフロアーに不似合いな音を発する機械ですが、「おれはここだ」(いや「こっちだにぃ~」って感じか)自己主張してるんでしょう。 ためしに1つゲットしてきました。 100円均一でし なないろまじょ.jpgた。

豆本「なないろまじょ」一冊、パンフレット2枚が卵ケースに収まっていました。

丸富堂に在庫に加えますので、何かのついでにお買い上げのほど、よろしく。

少年のためのマンガ家入門  

本日は、石森章太郎(当時)の「マンガ家入門」、「続マンガ家入門」です。

丸富堂の在庫一覧には、まだ載っていませんが、この二冊を在庫しています。 在庫一覧に無いのに、物だけなぜある? というと、小学生のころに私が買ったものだからです。 購入から40年を経過し、小学校時代に友人に貸したりしたので、ぼろぼろです。右が表紙写真ですが、背表紙が取れてしまい、布が糊付けされています。

正の方では「竜神沼」、続の方では「霧隠れ」「夜は千の目を持っている」「おかしなあの子」などの味わい深い作品がサンプルとして使われており、他では読めないでしょう。

在庫一覧にいづれ載せようと思いますが、美品の場合の相場よりもグッと高め値段を付けようと思っています。 なぜなら、積極的に手放したくはないからです。 他の古本屋でも当時の定価の数倍程度で売られていますし、復刻版や文庫版もあるようです。 相場より高くてボロボロでは、お買い上げになる方は無いでしょう。

追加:丸富堂在庫に登録しました。